荘厳な尾張造〜疫病除・厄難災除のご神徳〜

由緒

津島神社は古くは津島牛頭天王社と申し今日もなお一般に「お天王さま」と尊称されております。
大神は国土経営・産業開発にお力を致され民生の安定に限りないご仁慈を垂れさせられた御神徳は広大でありますが、わけても津島のお社は人の身に起こる災厄と疫病(はやりやまい)除けの守護神として、また授福の大神としてあまねく世に知られて居ります。
社伝によれば当社は欽明天皇元年(西暦540年)のご鎮座で弘仁元年正一位の神階と日本総社の号を奉られ、一条天皇の正歴年中、天王社の号を賜ったと伝えられ、いわゆる諸国の天王社の本社として全国に約3,000社の御分霊社があります。
御鎮座以来、歴代の武門貴賊から篤く尊崇されましたが、殊に戦国時代津島の隣り勝幡城出身の織田氏は、当社を氏神と仰いで造営その他に協力し、秀吉公を始め豊臣一門は織田氏に続いて社領を寄進し造営を授けるなど尊信し、現在の重要文化財指定の楼門は天正19年(西暦1591年)秀吉公が寄進され、また愛知県文化財指定の南門は慶長3年(西暦1598年)秀吉公の病気平癒を祈願して秀頼公より寄進になったものであります。
又現在の御本殿は慶長10年(西暦1605年)清洲城主松平忠吉公(家康の四男)の病弱を憂えた妻女政子の方の寄進になった建物で重要文化財に指定されております。
天保4年尾張藩主徳川義直公は社領として津島向島の地で高1,293石余を寄進し後に将軍家綱公の朱印状を以って幕府寄進の神領地となり明治維新まで続きました。
幕府光格天皇以降、朝廷内々のお沙汰を以ってしばしば歴代の主上親王様方のご祈祷を仰付けられ又有栖川宮家のご祈祷所をも仰付けられました。
明治6年県社に大正15年国幣小社列せられましたが、終戦後この制度は廃止されました。

御祭神

主神:建速須佐之男命
相殿:大穴牟遅命(大国主命)


御祈祷のご案内

神前挙式のご案内

大祓のご案内

御札・御守のご案内

恒例祭典


神社からのお知らせ

特別企画展「みたい!いきたい!話したい!尾張津島天王祭」のお知らせ

特別展示「みたい!いきたい!話したい!尾張津島天王祭」を開催致します。普段は見れない天王祭の屏風や掛け軸、新しく新調された米車の祭幕などが見れる貴重な機会ですので、是非お越しください。 日時:10月23日~10月24日  …

お問い合わせ