1月【睦月】 1日 歳旦祭(午前6時)
2日 交通安全祈願祭(午前11時)

新春車祓い(終日・7日迄)
3日 元始祭(午前9時)
4日 和魂社例祭(午前9時・茅の輪くぐり7日迄)
7日 昭和天皇祭遥拝(午前9時)
10日 照魂社月次祭(午前9時半)
きのえね祭(終日)
15日 月次祭(午前9時半)
28日 小朝拝(午前9時半)

新年を祝し、皇室の弥栄と国家の安泰を祈ります。

皇位の元始を祝い、国運の隆昌を祈ります。

古くは蘇民祭と称し、和魂社(古称 蘇民社)において悪疫退除を祈願した後茅の輪をくぐります。
この祭の由緒は、御祭神建速須佐之男命の蘇民将来伝説に基づき、当日は「お守り・御幣・粟餅」が授与されます。

本殿の相殿にお祀りします大国主命(大黒様)の御神徳をいただき、一年の商売繁盛・福徳円満をお願いします。
当日のきのえね祭祈祷者には、福くじで景品が当たります。

2月【如月】 1日 月次祭(午前9時半)
3日 節分豆撒式(当日3回)
6日 市神社十日市祭(午前7時)
10日 照魂社月次祭(午前9時半)
11日 紀元祭(午前9時半)

小豆粥調進祭(午前9時半)
12日 奉射祭(午後1時半)
15日 月次祭(午前9時半)
26日 烏呼神事(午後2時)

開扉祭(午後8時)

当日は3回、特別厄除け祈祷者が本殿において祈祷後、仮設舞台に上り豆を撒きます。

午前11時・午後1時・午後3時

神武天皇が「辛酉年春正月庚辰朔日」に大和橿原宮において即位された事を記念し、
太陽暦に換算した2月11日を建国創業の大御蹟を偲び慶祝し、宝祚の長久と国の隆昌を祈ります。

古来、頓宮供祭(みやけくさい)と称し、正月26日に執り行われていました。
津島の古殿地と言い伝えられる平和町三宅の里より、神職・巫女・里人がお供えを奉納し五穀豊穣を祈願します。
祭典の途中で、お供えの粢(赤飯)を本殿と八柱社の屋根上に投げて烏に与えることからこの名が有ります。

七草祭の初日として、古来より大御饌調進と称し、七草の菜を初め種々の神饌を高杯に盛って献ります。
伊勢湾台風以前までは、南門広場にサーカスの他色々な出店や、植木市がお堀に建ち並び、遠近の参拝者で正月を越える賑わいでした。

七草祭 29日~2月3日 午前7時半
旧正月松の内は、古来津島の七草まつりと称し、以前は遠近からの参拝者も多かった。

米の座町に鎮座する市神社の祭礼で、古くは名古屋から津島に入る「上街道」に沿って商家が立ち並び栄え、商家の守り神として崇められ、旧暦正月10日に初市が開かれた古例を今に伝え終日賑わいます。

3月【弥生】 1日 月次祭(午前9時半)
8日 末社稲荷社例祭(午前9時半)
10日 照魂社月次祭(午前9時半)
15日 月次祭(午前9時半)
17日 祈年祭春縣祭(午前10時半)
20日 春季皇霊祭遥拝(午前10時)
25日 末社菅原社例祭(午前9時半)
30日 闘鶏転供祭(午後1時半)

古来正月15日に小豆粥を神前にお供えし、国家安泰・国民の繁栄をいのります。

「歩射神事」と同意で旧暦1月16日に執り行なわれ、世の中の悪鬼・枉神を祓い除いて、天下萬民の安泰を祈ります。
神前には蓬莱飾りの特殊神饌が供えられます。
祭典の中で、宮司が柳の弓・葭の矢で転地を清めた後、6人の射手が境内に仮設した、中央の裏面に鬼と書かれた「千木」が付けられた大的に向かって矢を射ります。
以前は、神社南広場で行われ、見物者は射終った的を我先に持ち帰ろうと大変な賑わいでした。

「年」は稲を表し、一年の豊作を祈願します。一般には2月に執り行われています。
津島神社では、古くから行われていました豊作祈願神事「春縣祭」を併せて執り行います。
祭典後、居森社と柏樹社にて、葭を用いた棚を設え頒幣と特殊神饌を供えます。
以前は祭典後、棚と神饌はそのままにされ、老若男女が神饌を奪い合う「棚こわし」の風習がありました。

古くは由貴供祭(ゆきのくさい)と称し、葭で作られた2本の大松明(直径1m・長さ10m)は東大鳥居前で火を灯され、50名の消防団員によって担ぎ練り楼門前に並んで、2本同時に楼門を潜り抜け、拝殿前に整列する。
2本の大松明の間を、神職が奉幣を先頭に拝殿に進み、大松明灯りの下、本殿内陣に特殊神饌を供え、神事が粛々と進み、奉幣の更新と奉幣行事、摂社への頒幣が行われます。
この祭は津島神社の中では「天王祭」に並ぶ重要な祭で、火で災いを清め氏子崇敬者が新しい春を迎える事が出来るのです。
古来より、松明の燃え残りは、田の虫除け・雷除け・歯痛除けに効き目あると、参拝者は争って持ち帰ります。

4月【卯月】 1日 月次祭(午前9時半)

太々講神楽(13日迄)
2日 末社大土社例祭(午前11時)
3日 神武天皇祭遥拝式(午前9時半)
10日 照魂社例祭(午前9時半)
15日 月次祭(午前9時半)
20日 五穀豊凶神卜祭(午前9時半)
29日 昭和祭(午前9時半)

起源は室町時代までさかのぼり、当時の津島神社の神職が御師(おし)として、全国に「天王信仰」の布教をしたのが始まりで、各地の世話人(旦那)宅において祈祷やお札の頒布を行っていました。
明治に神社が国家管理になり、社家制度の廃止と共に御師が衰退し、これを受けて津島神社太々講社が結成され現在に引き継がれています。期間は全国各地より第参者で賑わいます。

神楽では、津島神社の国幣小社昇格を基に、大神のご神詠を歌詞として、昭和2年宮内庁楽師の多忠朝氏の作譜・振付による「八雲舞」が舞われ、神職による鯉の「真名箸料理」が行なわれます。

社伝の神卜により、今年の五穀豊凶の御神託を授かり、結果を「花の橈」に飾ります。

古くは「三月上巳祭」(やよいじょうしさい)と称され、人形を贖物として諸邪を祓う事を元に、後には人形を雛人形として飾り、子女の節句として祝うようになりました。
又、節句の行事として宮中等において闘鶏が行われていた事が、この祭の起源と思われます。
社務所書院に、奉幣を迎え神饌をお供えし転供祭を奉仕した後、奉幣を先頭に本殿に赴き故事に習い、人形の特殊神饌と壷入りのお酒を巫女の奉仕により神前に供え、祭の途中で、本殿前と八柱社前で鶏を戦わせる所作が行なわれます。

5月【卯月】 1日 月次祭(午前9時半)

花の撓(5日迄)
3日 献茶祭(午前10時)
5日 流鏑馬祭(午前9時)

献詠祭(午後2時)
10日 照魂社月次祭(午前9時半)
15日 月次祭(午前9時半)
下旬 御田植祭(午前10時半)

五穀豊凶神卜祭において、御神託を享けた今年の結果を人形等の模型によって表し、農家の人々は飾りを参考に農作業の時期を判断します。

松尾流の家元奉仕により、濃茶・薄茶を神前にお供えします。

天王川が津島中央を流れていた時代は、馬場町の大銀杏の処に御旅所があり、その前で行われていました。
その後、旧暦5月5日の節句に、神輿を御旅所にお渡して天王川において執り行われるようになりましたが、近隣で馬の飼育がされ無くなり、射手者も居無くなった為、昭和50年より拝殿前において儀式を行うようになりました。

ご祭神建速須佐之男命が、出雲の国で稲田姫を娶られた時の喜びの気持を詠われた、
「八雲立つ 出雲八重垣 妻籠めに 八重垣つくる その八重垣を」
が我が国初の歌であり、大神の御神徳を仰ぎ、明治24年より献詠を広く募集し、選ばれた歌をご神前で詠う献詠祭を執り行うようになりました。
応募された献詠歌の優秀歌は、当日神前において披講されます。

詳しい記録は残っていませんが、戦前までは毎年行われていたようです。
近年旧立田村に篤志者より田の寄進があり、平成10年より早乙女を清林館高校の女子生徒の協力により、凡そ50年ぶりに復興してから、毎年5月下旬に本殿にて報告祭の後、御神田において執り行われています。

6月【水無月】 1日 月次祭(午前9時半)
10日 照魂社月次祭(午前9時半)
15日 例祭(午前10時)
30日 大祓(午後4時)

例祭とは、その神社の起源や鎮座などに縁りのある日に行われ、祈年祭・新嘗祭と併せて三大祭と云い、各社の大祭であります。

古くは、次の月を迎えるため毎月晦日に祓いを行い身も心も清めていました。
特に6月12月は、夏越の大祓い・大晦日の大祓いと云い、半年の間に知らず知らずに犯した罪や憑いた穢れを祓い除いて、清清しい身と心で次の半年を過ごします。
津島神社では、大祓を申し込まれた方に蘇民将来の門札を授与致しております。

7月【文月】 1日 月次祭(午前9時半)
9日 斎竹立て(早朝)

神葭刈取場選定神事
10日 照魂社月次祭(午前9時半)


15日 月次祭(午前9時半)

照魂社みたま祭(午後7時)
16日 居森社例祭(午前9時半)
18日 一夜酒醸造(午後)
19日 一夜酒頒布(早朝)

神葭刈神事(午前8時)
20日 船分(午前8時)

神葭揃神事(終日)
21日 稚児打廻(午後8時)
22日 神輿渡御祭(午前10時)

宵祭(午後9時)

御鎮座祭(午前10時)
23日 大御饌調進祭(午前0時)

朝祭(午前9時)

神輿還御祭(午前10時)
24日 神葭放流神事(午前0時)
25日 神葭着岸祭(午後4時)
31日 神葭祭(午後4時)

天王祭期間中の不浄の通行を禁止する為、各車町内と車河戸の両入口に斎竹を立て注連縄を張ります。

神葭神事に使用する葭を刈取る場を選定します。現在は旧立田村神田で行われます

天王祭神事に使用する酒を醸造します。翌早朝拝殿にて一般に頒賜されます。

選定場所より葭を刈取り、参集所にて整えた後本殿に担ぎ供えます。

津島五車が使用する船を籤にて定め、車河戸に漕ぎ渡り屋形を載せ祭の準備を行います。

真の神葭の更新と、整えられた葭を故実に習い飾り付けます。

今年の天王祭に奉仕する稚児が古例に倣い神社に参拝します。

天王祭の斎場天王川御旅所に神輿をお渡しします。

特殊神饌を本殿内陣に供え、氏子崇敬者の疫難・厄災を祓除く祈願をします。

朝祭市江車の鉾持10名が先祓いで神社まで駆け抜けた後、市江車・津島五車が御旅所に着岸後上陸し、神輿を中心に本殿に列を整えて進み、拝殿において、神前奏楽や稚児盃事を行います。

真の神葭と共に疫難・厄災を流す秘事で、昔から見ることを憚るよう云い伝えられてきました。

放流した神葭が漂着した水辺に、斎竹・注連縄で三重に囲い75日間奉斎します。
天王川が川であった時代には、遠く伊勢志摩・知多半島・渥美半島の伊勢湾に流れ着き、その地では大神様を迎え大層にお祭が行われた記録も残されています。

8月【葉月】 1日 月次祭(午前10時)

神葭祭(午前9時)
10日 照魂社月次祭(午前9時半)
15日 月次祭(午前9時半)

特殊神饌を本殿内陣に供え、氏子崇敬者の疫難・厄災を祓除く祈願をします。

9月【長月】 1日 月次祭(午前9時半)
23日 秋季皇霊祭遥拝(午前10時)
30日 子供獅子清祓(午後13時)
10月【神無月】 1日 月次祭(午前9時半)

秋祭(午前9時半)
4日 末社市神社例祭(午前10時)
7日 神葭納神事(午後4時)
10日 照魂社月次祭(午前9時半)

15日 月次祭(午前9時半)

摂末社例祭(午前10時)
17日 神嘗祭奉祝祭・遥拝(午前10時)
28日 重陽祭(午前9時半)

元々は、津島市内各々の氏神社の例祭日に山車・石採車や神楽奉納されていたが、津島神社が大正10月1日に国幣小社に列格されたことを記念して総揃えを行い、翌年より10月1日に神賑行事として、子供獅子大会を併せ催され現在に至っています。
昭和48年からは、青少年の教化と敬神思想を広めるために、神前に仮設道場を設け神前武道大会が行こなわれています。

神葭放流75日目に神事を奉仕後、神職が奉幣と真の神葭を天王川の神葭島に納めます。

五節句「菊の節句」に菊花を浮かべた酒を飲み長寿を願ったと言い伝えられ、古くは「菊酒」を神前に供えていましたが、現在は菊花をお供えしています。

11月【霜月】 1日 月次祭(午前9時半)
3日 明治祭(午前8時半)
10日 照魂社月次祭(午前9時半)
15日 月次祭(午前9時半)
23日 新嘗祭秋縣祭(午前10時半)
下旬 神宮大麻頒布始式)

明治天皇の御聖徳を偲び、ご生誕を記念申し上げます。

神前に新穀をお供えし、豊かに実った五穀の神恩に感謝申し上げます。
祭典後「秋縣祭」を併せ執り行い、居森社と柏樹社にて、葭を用いた棚を設え頒幣と特殊神饌を供えます。
神前に、ご神田の新穀の束を懸税(かけぢから)としてお供えします。

12月【師走】 1日 月次祭(午前9時半)
10日 照魂社月次祭(午前9時半)
15日 月次祭(午前9時半)
23日 天長祭(午前9時半)
24日 末社山祇社例祭(午後1時半)
25日 煤払い神事(午後3時半)
31日 大祓(午後4時)

除夜祭(午後5時)

第125代今上天皇の御誕生日をお祝い致します。

新年を迎え、御本殿以下諸祭殿のの煤を払い清めます。

清々しい心身で新年を迎えるため、半年の罪穢れを祓い除きます。

年の終りに際して、一年の神恩を感謝申し上げます。