ロゴ

子供が初めて神社にお参りする初宮参りは、氏神さまに誕生の奉告と御礼をし、氏子として今後の健やかな成長を神さまに見守ってもらうようにと祈願するものです。
一般的に男の子は三十一日目、女の子は三十三日目に行われていますが、地域によって異なることもあります。
子供の体調や天候などにも気を使い、一般的にはこれらの期日の前後で、最良の日を選んでお参りをします。

古くより、皇室においては、「着帯(ちゃくたい)の儀」が行われ、御懐妊五ヵ月目の戌の日に、「内着帯」(仮着帯)をおこない、九ヵ月目の戌の日に正式な「着帯の儀」がおこなわれます。
江戸時代より庶民にも広まり、妊娠五ヶ月目の戌(いぬ)の日に神社にお参りし安産を祈願して、帯祝いと称して、子供の無事成長を願って、妊婦の腹に木綿の布で作られた腹帯(岩田帯)を巻きます。
これを戌の日におこなうのは、犬は多産ということにあやかるためや、また、よく吠えて家を守るため邪気を祓う意味があるといわれています。また、腹帯には胎児を保護する意味があるほか、胎児の霊魂を安定させるなど信仰的な意味もあるといわれています。

11月になると、神社の境内はは晴れ着姿の親子連れで賑います。
七五三は、古くから子供が健康で育つことを願う、日本伝統の風習であります。
数え年の三才になると幼児の髪型から子供の髪型に変える「髪置(かみおき)」、男児は五才になると子供着から青年着に変える「袴着(はかまぎ)」、女児は七才に子供着から大人着の「帯解(おびとき)」を行いました。
「髪置」は男女児ともに行われた儀式で、この日を境に髪を伸ばし始めました。また、「袴着」は男児がはじめて袴を着ける儀式で、「帯解」は女児がそれまでの幼児用の付紐をやめ、大人の帯を締める儀式です。
現在のように、11月15日に七五三を盛大にお祝いするようになったのは江戸時代のことで、五代将軍徳川綱吉が息子の徳松の健康を盛大に祈願したことから、それが庶民に広まったともいわれています。

皆様もお子様もご一緒に神社に参拝いただき、お宮参りから見守って下さった氏神様に感謝し、お子様の健やかなる成長をお祈りしましょう。

準備中ですのでお待ちください。。。。

準備中ですのでお待ちください。。。。

準備中ですのでお待ちください。。。。

準備中ですのでお待ちください。。。。

準備中ですのでお待ちください。。。。

準備中ですのでお待ちください。。。。

準備中ですのでお待ちください。。。。

準備中ですのでお待ちください。。。。

厄年の年齢は、人の一生の中でも、体力的、家庭環境的、或は対社会的にそれぞれ転機を迎へる時でもあり、災厄が起こりやすい時期として忌み慎まれています。
その年に当たっては、神様の御加護により災厄から身を護るため、神社に参詣をして、災厄を祓う厄祓い(やくばらい)の儀(厄除け)がおこなわれます。厄年の年齢は「数え年」で数え、地域によって多少異なるところもありますが、男性が二十五歳・四十二歳・六十一歳、女性が十九歳・三十三歳・三十七歳などを言い、この年齢の前後を前厄・後厄と称します。
この中でも男性・四十二歳と女性・三十三歳を大厄として、特に意識されることが多いようです。数へ年では、新年を迎える正月に、新たに年齢を一つ重ねますので、この年齢が変わったときに厄祓いをおこなうことが多いようですが、これに関係なく誕生日など良き日柄を選び、参詣をする場合もあります。
また、氏神神社の祭礼にあわせて、厄年の人々が神事を奉仕し厄祓いをする例も各地にあります。 本来、厄年は長寿を祝ふ還暦(六十一歳)や古稀(七十歳)などの年祝ひと同じく、晴れの年齢と考えられていました。厄年を迎えることは、地域社会において一定の地位となることを意味し、宮座への加入や神輿担ぎなど、神事に多く関わるようになります。このため心身を清浄に保ち、言動を慎む物忌(ものいみ)に服する必要があったわけです。厄年の「厄」は、神様にお仕えする神役の「役」であるといわれるのも、こうした理由によるものです。
現在では、災難が多く生じる面が強調され、その禁忌の感覚が強くなりましたが、七五三や成人式、年祝ひなどとともに、人生における通過儀礼として、大切に考えられていることには変わりありません。

年号
西暦
数え年
満年齢
平成29年厄年一覧表
男性 女性
後厄 本厄 前厄 後厄 本厄 前厄
昭和31年
1956年
62
61
昭和32年
1957年
61
60
昭和33年
1958年
60
59
昭和55年
1980年
38
37
昭和56年
1981年
37
36
昭和57年
1982年
36
35
昭和50年
1975年
43
42
昭和51年
1976年
42
41
昭和52年
1977年
41
40
昭和59年
1984年
34
33
昭和60年
1985年
33
32
昭和61年
1986年
32
31
平成4年
1992年
26
25
平成5年
1993年
25
24
平成6年
1994年
24
23
平成10年
1998年
20
19
平成11年
1999年
19
18
平成12年
2000年
18
17

準備中ですのでお待ちください。。。。

準備中ですのでお待ちください。。。。

準備中ですのでお待ちください。。。。

初穂料 撤下
10,000円 お札(お守り)・撤下神饌・特別撤下・玉串拝礼
8,000円 お札(お守り・撤下神饌・特別撤下
6,000円 お札(お守り)・撤下神饌

準備中ですのでお待ちください。。。。

準備中ですのでお待ちください。。。。

準備中ですのでお待ちください。。。。

準備中ですのでお待ちください。。。。

初穂料 撤下
20,000円以上 お札(お守り)・撤下神饌・特別撤下・玉串拝礼
10,000円 お札(お守り・撤下神饌・特別撤下

準備中ですのでお待ちください。。。。

初穂料 撤下
50,000円以上 お札(お守り)・撤下神饌・特別撤下・玉串拝礼

準備中ですのでお待ちください。。。。

初穂料 備考
10,000円以上 お札(お守り)・撤下神饌・特別撤下・玉串拝礼

「とこしずめのまつり」「じまつり」ともいわれ、もっとも一般的で重要な建築のお祭りです。
工事をはじめる前にその土地の神様にご挨拶し、土地を祓い清め、これから行われる工事の安全と変わらぬ守護を願うお祭りです。
建主の他、工事関係者も参列し、敷地のなかに祭壇を設け、御供え物をし、その土地の神様をお迎えします。
最近では式典としての「起工式」のみ行われることもありますが、神様をお迎えして行われる「お祭り」であることに意義があるのです。

建物が完成し、入居するにあたり行うお祭りです。
新築した建物を祓い清め、神様に無事完成したことを報告し、建物が末永く丈夫であること、そこに住む人々が繁栄することをお祈りします。
最近は、地鎮祭のみ行い入居清祓を省くことが多くなってきたようですが、地鎮祭から工事を見守って頂いた氏神様に、無事完成したことを報告するのも大切なことです。

建物が完成し、入居するにあたり行うお祭りです。
新築した建物を祓い清め、神様に無事完成したことを報告し、建物が末永く丈夫であること、そこに住む人々が繁栄することをお祈りします。
最近は地鎮祭のみ行い竣工祭を省くことが多くなってきたようですが、地鎮祭から工事を見守っていただいた氏神様に、無事の完成を報告するのも大切です。
また、工事にあたっては、近隣の人々もあたたく見守ってくださったことでしょう。
建物のお披露目と共に、神様や工事関係者、ご近所の方々に感謝の気持ちをあらわすのもよいでしょう。

準備中ですのでお待ちください。。。。

準備中ですのでお待ちください。。。。

準備中ですのでお待ちください。。。。

準備中ですのでお待ちください。。。。

事務所・お店の安全と事業の繁栄を祈念し、開設にあたっての清祓を受けることがよいでしょう。
また、神棚を設置しご神札をお祀りしましょう。

準備中ですのでお待ちください。。。。

準備中ですのでお待ちください。。。。

準備中ですのでお待ちください。。。。

準備中ですのでお待ちください。。。。

準備中ですのでお待ちください。。。。

準備中ですのでお待ちください。。。。

準備中ですのでお待ちください。。。。

地域 初穂料【個人】 初穂料【団体】
津島市・愛西市 25,000円 30,000円
あま市・弥富市・稲沢市・海部郡 30,000円 35,000円
上記以外 35,000円以上 40,000円以上

お名前が決まり子様ご誕生後、 神社にお越しいただてご 祈祷 ご奉仕 の後 、命名書をお渡しいたます。

お申込みは下記PDFをダウンロードして下さい

午前9時から午後4時まで随時ご奉仕致します。


※誠に恐縮ですが、平日の午前は正午まで、午後は1時よりのご奉仕とさせていただきます。
※上記時間内でも祭礼・結婚式等でご奉仕出来ない場合がありますのでご了承願います。
※団体祈祷・神楽・正式参拝を除き予約は必要ありません。